« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月16日 (水)

インスタントコーヒーの正しい開け方

インスタントコーヒーは非常に吸湿性が高いので、とにかく空気や湿気にできるだけ触れさせないことが大切のようですね。
内蓋を一部残しておくと段差が生まれやすく、そこから空気が入ってしまうので結論としては「内蓋は全部剥がそう!」ということになります。
参考サイト
こーひー




まだ名前がありません
1_1256118755_m_01top
超絶気持ちいいとかなんとか
1_1256118755_5_0105

| | コメント (0)

2012年5月15日 (火)

国見奈々さんの副乳について考えよう

どうも汁王子です。

129a
その昔、現場で国見さんに
「もっと痩せたらFUCKさせてやんよ?」
と挑発的に言われたことを思い出して悶々としています。
129b


これらの写真は月額メンバーになると全て見放題です。


VIP会員になれば下のメガネぶっかけも見放題。他にもたくさん。














便利です

1_1312969109_m_ycvrv

| | コメント (0)

2012年5月14日 (月)

汁男優必読!!

近々撮影をするかと思います。

登録はコチラから。

以前、参加したのにも関わらず撮影の案内が来ないという方は、もう一度メールしてみましょう。

ただし、今まで無断欠席をしていたり、日時を事前に案内しているのにも関わらず、当日撮影日を間違えましたので今日はいけません、とか、そういう方は、残念ながらブラックリスト入りしているかもしれません。(急な不幸や急病等で来れないと連絡あった方はブラックリストにはなりません。)
当然ですが、そのような方へのご案内はお断りしています。

撮影は今後小規模になっていくでしょうね。

AVがすたれても、ずっと汁男優を続けて行きたいと思う方は以下を参考にしてみてください。

よく使われる(制作陣がよく使いたいと思う)男優さん。

1、時間を守る。
当然ですね。
ただ、たまに集合2時間前くらいに来る人がいますが、これはどうかと思います(笑)。


2、口が堅い
基本的にどこのメーカーもそうですが、参加者には守秘義務があります。
軽口はとにかく嫌われます。


3、清潔である
ごく稀に汚い人が必要になるマニア現場もあるでしょうが、基本的には清潔にしていないとだめです。
体臭、口臭がきつい人は難しいです。でも、ケアすればある程度は大丈夫なはず。


また、見た目も重要です。
頭皮が禿げ散らかっていたり、不精髭だったりは、まず女優さんに嫌がられます。

ここら辺は容易に準備できるのでやりましょう。

あとは、ルックスですが、出来ればデブ、ガリガリじゃない方がいいでしょうね。
目指すは細マッチョ。
健康にもいいし。

ただ、これは作品という性質上、デブ、ガリガリでも、キャラクターを持っていれば、その限りではないでしょうね。


4、起ちがいい
これは、プロ男優になるための必須項目かもしれません。
ただ、かつて、あの二村監督は立ちが悪かったらしいし、その限りでもないかもしれません。
(詳しくはコチラを参照。)
でもやっぱ、起ち良い人は制作側すると使いやすい。


5、汁が沢山でる。
主に汁男優としては重宝されます。
某メーカーの単体ぶっかけ凄い発射なんて、汁男優のギャラは普通の約10倍とか(笑)。
汁男優でも、そこまでいけば、普通の男優以上です。

そんな中、興味深い記事を発見。
ヨーグルトには睾丸を大きくし精力を高める効果、マウス実験で判明(マサチューセッツ工科大学研究)
(via:ザイーガ)

汁王子も実験中。


Nls46860_41

| | コメント (0)

2012年5月12日 (土)

ピッグノート

ブログのイメージ変えました。

大丈夫です。

ちょっと病んでるだけです(笑)。


《作業メモ》
100
制服発射をいい塩梅にする方法
明るさ上げてコントラスト下げる


Nls46860_41

| | コメント (0)

2012年5月 4日 (金)

改造中中野

Ca9lkc9r
前職で良く行っていたのでなんか感慨深いものがあります。
まさか中野にペデストリアンデッキがねぇ...

黒猫というメイド喫茶も量産されてました。

冥土の土産に行ってこようかしら。



MCムービーにて痴女ザーメンマニアシリーズのサンプルを公開しました。

無料です。


顔射がスッゲー濃い。


やっぱ美人ですわ。


超絶いやらしい。




遂に出た。ラブボディの新作。

Img_miyu01


ミクは萌えです。

miku


昔に比べたらコスも随分安くなりました。


| | コメント (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »